7月8日

カレーパンの日

毎月8日はカレーパンの日です。この記念日は大阪府東大阪市を盛り上げる為の組織「東大阪カレーパン会」によって2012年4月から実施されています。このカレーパンの日は、東大阪と言えばカレーパンというイメージを定着させることを目的として制定されました。毎月8日のカレーパンの日には、東大阪市でカレーパンに絡めたイベントが開催されています。

東大阪はラグビーだけじゃない!

毎月8日がカレーパンの日に選ばれた理由は、ズバリ語呂合わせです。少し強引な感じもしますが、「カレー(0)パン(8)」の語呂合せとのこと。なぜ、0がカレーを表現するのかは大人の事情を感じますね。この記念日を制定した東大阪カレーパン会が活動している東大阪市はラグビー界の甲子園とも言われる「花園ラグビー場」という日本初のラグビー専用スタジアムを有することから「ラグビーのまち」として認知されている方が多いのではないかと思います。

東大阪カレーパン会は、東大阪はラグビーだけではなく、ご当地グルメとしてのカレーパンを世間に定着させたいという狙いから、この毎月8日はカレーパンの日を制定したようです。

カレーパンの誕生

カレーパンと聞いてイメージするのは、どんなカレーパンでしょうか。私は油で揚げたカレーパンをイメージします。「カレーを具とする調理パン」というのがカレーパンの定義のようで、揚げずに焼いたカレーパン、モチモチの生地に包まれたカレーパンなどもカレーパンと呼んで間違いではないのだとか。具にするカレーには特に定義はなく、カレーなら何でもOKで、最近ではキーマカレーを具にしたカレーパンも登場しています。

そんなカレーパンが登場には諸説ありますが、カレーパンを実用新案に登録したのは、東京江東区にあるカトレア(旧:名花堂)です。このカトレアの2代目である中田豊治さんが1927年に実用新案に登録しました。実用新案としては登録された事から、このカトレアが発祥という考えはありかと思います。実用新案の期間は10年なので、期間満了した現在では多くのお店でカレーパンを購入することが出来ます。

実用新案としてはカトレアが元祖ですが、他にもカレーパンの元祖とされるお店は存在します。1916年に新宿中村屋がインドカレーとの出会いをきっかけに考案しただとか、東京練馬区のデンマークブロートがカレーサンドとして発売し、それを油で揚げるスタイルを生み出したという話が有名です。どのお店が本当の元祖なのかは知る事ができませんが、この3つのお店は現在でも当時のスタイルで伝統の味を守りつつけているそうです。いずれのお店も東京都内にあることから、カレーパンは東京で生まれたという点には間違いないでしょう。

関連記事

  1. 7月8日

    果物の日

    毎月8日は、果物の日です。この記念日は、果物離れを防ぐことを目的として…

  2. 8月8日

    まるはちの日

    1996年(平成8年)に名古屋市が制定。1907年(明治40年…

  3. 7月8日

    なはの日

    ラジオ沖縄の人気番組「那覇が好き」のリスナーグループ「那覇が好き友の会…

  4. 12月8日

    針供養

    12月8日は針供養の日です。2月8日と12月8日に行われる行事。…

  5. 11月8日

    世界都市計画の日

    11月8日は世界都市計画の日です。1949年(昭和24年)にアルゼンチ…

  6. 9月8日

    サンフランシスコ平和条約調印記念日

    (9月8日 記念日)1951年(昭和26年)のこの日、サンフランシ…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP