10月19日

ブラックマンデー(暗黒の月曜日)

10月19日はブラックマンデー(暗黒の月曜日)です。
1987年(昭和62年)のこの日(月曜日)、ニューヨーク株式相場が大暴落した。

ダウ30種平均の終値が先週末より508ドルも下がり、この時の下落率は22.6%であった。世界恐慌の引き金となった1929年の「ブラックサーズデー(暗黒の木曜日)」を上回り、史上最大の暴落となった。この影響は翌日東京にも波及し、日経平均株価(225種)が3836円48銭安の史上最大の値下げとなった。

関連記事

  1. 7月9日

    クレープの日

    毎月9日・19日・29日と9と下1桁が9の日はクレープの日なんです。こ…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP