9月25日

藤ノ木古墳記念日

1985年(昭和60年)のこの日、奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳の石室などが発堀された。

藤ノ木古墳は直径約50m・高さ約9mの円墳で、古墳時代後期の6世紀後半に作られたものと考えられている。古墳の裾には円筒埴輪が並べられていた。1985年(昭和60年)に第1次調査が行われ、1988年(昭和63年)6月に国内の発掘調査史上初めてファイバースコープを使った石棺の内部調査が行われ、その年の10月8日に1400年ぶりに石棺の蓋が開かれた。未盗掘で埋葬当時の姿がほぼそのまま残っており、当時の埋葬儀礼を解明する上で貴重な資料となった。

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP