7月23日

カシスの日

2006年(平成18年)に日本カシス協会が制定。

この日が大暑になることが多いことから。人々の健康に寄与するカシス(クロスグリ)への関心を高めてもらうことが目的。カシスの果実は黒に近い濃紫色で、ビタミンCやアントシアニンを豊富に含む。紫色は紫外線を強く浴びるほど濃くなり、アントシアニンには強い抗酸化作用があり、また眼精疲労を軽減する効果がある。

関連記事

  1. 7月23日

    米騒動の日

    1918年(大正7年)のこの日、富山県魚津町の漁師の主婦ら数十人が米の…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP