7月15日

ホッピーの日

東京都港区赤坂に本社を置き、麦芽を使った麦酒様清涼飲料水「ホッピー」を製造・販売するホッピービバレッジ株式会社が制定。

日付は東京・赤坂において製造・販売を開始した1948年(昭和23年)7月15日にちなんで。ホッピーは「生よりうまいホッピービア」と言われるほど、60年以上にわたり多くのファンを獲得しているミキサードリンク(アルコール飲料と割って飲む清涼飲料水)の代表的存在。

創業者の石渡秀が「本物のホップを使った本物のノンビア」との意味を込めて「ホッビー」と名付けようとしたが、発音しづらいため、「ホッピー」という名前になった。発売当時、ビールが高嶺の花であったことから、ビールの代用品の「焼酎割飲料」として爆発的に売れ、ブームとなった。

ホッピーは冷やしてそのまま飲めばアルコール度数が約0.8%の低アルコール飲料に。また、本格焼酎やジン、ウォッカ、梅酒など、いろんなリキュール類と組み合わせれば自分だけのオリジナルホッピーとして楽しむこともできる。

関連記事

  1. 7月15日

    大阪港開港記念日

    1868年(慶応4年)のこの日、安治川の河口に大阪港が開港した。…

  2. 7月15日

    ファミコンの日

    1983年(昭和58年)のこの日、任天堂から家庭用ビデオゲーム機「ファ…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP