7月14日

廃藩置県の日

明治4年7月14日(新暦1871年8月29日)、明治政府からそれまでの藩を廃止して県を設置する詔書が出された。

明治2年(1869年)の版籍奉還で江戸時代の藩はなくなっていたが、旧藩主がそのまま藩知事となっていた。明治政府は中央集権国家を確立するため廃藩置県を断行し、各県に中央政府から県知事を派遣した。藩知事は免職となったが、華族の身分と家禄を保障されて東京に移住した。また、当初は3府302県であったものが3府72県に統合された。

関連記事

  1. 7月14日

    内視鏡の日

    2006年(平成18年)に内視鏡医学研究振興財団が制定。「な(…

  2. 7月14日

    ペリー上陸記念日

    1853年のこの日(旧暦嘉永6年6月9日)、マシュー・ペリー提督率いる…

  3. 7月14日

    検疫記念日

    1961年(昭和36年)に厚生省(現在の厚生労働省)と日本検疫衛生協会…

  4. 7月14日

    求人広告の日

    1872年(明治5)のこの日、『東京日日新聞』に日本初の求人広告が掲載…

  5. 7月14日

    ゼラチンの日

    2004年(平成16年)に日本ゼラチン工業組合が制定。ゼラチン…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP