7月12日

ひかわ銅剣の日

島根県斐川町(現在の出雲市)が制定。

1984年(昭和59年)のこの日、島根県斐川町の荒神谷こうじんだにから弥生時代の銅剣358本が発見された。その数は全国最多であり、後にその全てが「島根県荒神谷遺跡出土品」として国宝に指定された。この銅剣の発見は弥生時代の青銅器研究の見直しを迫る大きな発見であった。この日を中心に荒神谷博物館では特別展を開催している。

関連記事

  1. 7月12日

    宇佐からあげの日

    からあげ専門店発祥の地として知られる大分県宇佐市で、2006年(平成1…

  2. 7月12日

    人間ドックの日

    1954年(昭和29年)のこの日、国立東京第一病院(現在の国立国際医療…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP