7月11日

アルカリイオン水の日

7月11日は、アルカリイオン水の日です。この記念日はアルカリイオン水や整水器に関する情報を広げ、アルカリオン水をより身近なものに感じてもらうことを目的として、アルカリイオン整水器協議会が制定しました。このアルカリイオン整水器協議会は、アルカリイオン整水器の製造・販売メーカーで構成されているようです。この日がアルカリイオン水の日に選ばれた理由は、語呂合わせです。「0711」で「おなかにいい」と読むそうです。

アルカリイオン水が人体に与える影響

アルカリイオン水の効能は”効果あり派”と”効果なし派”の賛否両論が長く続いていましたが、2009年にパナソニック電工株式会社と山梨大学の共同研究によって、水を電気分解する事により生成した水素を含む電解アルカリ水を飲用することで、運動時に体内で生成される活性酸素によって「生体内酸化ストレス」が軽減される可能性があるという事が調査されています。

生体内酸化ストレスという言葉は聞き馴染みがない言葉ですが、生体内で活性酸素種の生成と消去システムのバランスが乱れることにより体にストレスを与えている状態を指すそうです。乱れたバランスを整えるというよりも、バランスが乱れないように働いてくれる成分みたいですね。後から飲むよりも事前に、そして習慣的に飲み必要がありそうです。医療用具として承認されているアルカリオン整水器で生成したアルカリイオン水は、「慢性下痢」「消化不良」「胃腸内異常発酵」「制酸」「胃酸過多」に有効になるように設計されたものが多いようです。

アルカリオン水の飲みすぎは厳禁です

健康に良い影響があるなら、たくせん摂取した方が良いという考え方の方もいますが、アルカリオン整水器協議会では、推奨する摂取量を1日500mlから1,000mlと定めています。注意すべきなのは、腎臓に障害がある方。腎臓に障害がある方は医師と相談が必要なんだそうです。科学的な効果が認められているけれど、用法、用量を守って生活に取り込まないとNGなんですね。なんでも摂取のしすぎはダメで適量があるってことですね。

関連記事

  1. 7月11日

    セブン-イレブンの日

    コンビニエンスストア「セブン-イレブン」を運営する株式会社セブン-イレ…

  2. 7月11日

    ラーメンの日

    2007年(平成19年)に設立され、東京都中央区日本橋本町に本部を置く…

  3. 7月11日

    世界人口デー

    1989年(平成元年)に国連人口基金(UNFPA)が制定。国際デーの一…

  4. 7月11日

    職業教育の日

    全国専修学校各種学校総連合会が制定。1975年(昭和50年)の…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP