3月22日

世界水の日

3月22日は「世界水の日」として定められた日なんです。この「世界水の日(World Water Day)」は、1992年に国連総会で定められました。この世界水の日が定められた理由は日本の水の日と同じように水の大切さを考える為だそうです。世界中できれいで安全な水を使えるようにしようという取り組みの一環として、この水の大切さを人々に知ってもらうための会議や展示会が開かれています。

日本では、当たり前のように蛇口を開くと出てくる水。世界で起こっている水の問題を知って、自分たちにできることは何があるかを考えてみるには良い機会かもしれませんね。

汚れた水を飲まなくてはいけない9億人

日本では、当たり前のようにどこでも透明で清潔な飲み水を毎日飲むことができます。水道からきれいな水が出る事は当然として、飲み水がペットボトルに詰められて販売されています。きれいな水がいつでも手に入るという事は、世界的に見ると、とても贅沢な生活なんです。 現代でも約9億人の人々が、きれいな水を手にすることができず、汚れた水しか飲むことができていません。9億人という数字は世界人口のうち約12%に値します。世界の1割以上の人が透明な水さえ手に入れられない生活をしているのです。さらには水を利用するトイレのような衛生的なトイレを利用できない人は25億人も存在します。屋外に穴を掘っただけのトイレを使用している人々もたくさんいるのです。

トイレや水道が使えるようにするためには、まず安全な水を作り出す必要があります。川や湖の水をそのまま使ったのでは、飲み水として安全ではなく、水をきれいにする浄水施設を作り、水道管を整備して家と繋げる必要があります。水の供給の次には、汚れた水を排出して川や海に返すことができるレベルに浄化する処理施設も必要になります。何気なく利用している蛇口の水や、トイレに水には実は大変な設備投資と予算を必要とするのです。

関連記事

  1. 7月22日

    禁煙の日

    毎月22日は禁煙の日です。スワンスワンデーという名称で実施している企業…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP